ICT事業部

ハローメッセンジャーで助かりました 苦笑

2006年12月24日  この記事をTwitterでつぶやく

クリスマスというのに恥ずかしい話を・・・
仙台の街並みもクリスマスムード。
ちょっと遅めの昼食を一人で近くのラーメン屋さんに。
食事を済ませ会計の準備に財布を開けてみるとお金が入っていないかったんです。
回転率の良いラーメン店。食べ終わっているし、カウンターで電話もかけられない。
会社からそんなに遠くはないので誰かが助けに来てくれるはず。。。。メールを見てくれれば。
E-mailは、相手がメールを見てくれたかどうかが解らないから、返事が来るまで心配ですよね。
そこで、auのハローメッセンジャーというケータイチャット機能を使いました。
t_index_title.gif これは1対1ではなく複数でチャットが出来る仕組みになっています。
社内でauを使っているスタッフ4名を、ハローメッセンジャーでお誘い。
気づいてくれた人はチャットルームに参加してくれる。
4名中3名が参加してくれた。
社長「いつものラーメン屋。助けてくれ。財布に金が入っていない」
社員A「解りました。すぐに助けに行きます!」
社員B「笑っても良いですか?」
社員A「いくら?」
社長「ラーメンとライス・・・・ごめんギョーザも食べた」
社員C「爆笑」
と言った具合です。

今相手にメッセージが届いていると言う安心感。
これが聴覚障害者の電話のかわりになる機能なんです。
恥ずかしい話でした・メリークリスマス!
p_index_01.gif auハローメッセンジャーについて。
http://www.au.kddi.com/email/hello_messenger/index.html

動画付で説明してあります。必見!

コメントは受け付けていません。