▶メディア事業部

決勝戦 福島県営あづま球場

2007年10月21日 日曜日 この記事をTwitterでつぶやく

福島県営あづま球場で秋季東北地区高校軟式野球大会の決勝戦です。
今日は決勝戦1試合。天気も良く気合いを入れて撮影してきました。

山形県代表の羽黒高校と秋田県代表の秋田商業です。

素晴らしい投手戦でした。
フォアボールも記憶に無いほどのナイスゲームでした。
どちらが優勢とも言い難く、実力差はほとんどありません。
守備もしまっていました。
結果は1対0。少ないチャンスを生かした羽黒高校が優勝です。
選手一人一人の能力も高く、きっと全国大会でも好成績を収めてくれる事でしょう。



高校野球の場合、どうしても軟式よりも硬式に目が行きがちですが、ここにも素晴らしい被写体がありました。
1021-1.jpg
来年以降、又楽しみが増えました。(^O^)

第19回秋季東北地区高校軟式野球大会

2007年10月19日 金曜日 この記事をTwitterでつぶやく

今日から3日間、福島県の県営あづま球場、信夫ヶ丘球場の2会場で第19回秋季東北地区高校軟式野球大会が開催されます。
今日は初日の開会式と4試合が行われました。高校野球の軟式競技は始めての撮影です。

カメラマンは、僕と熊田、石川。アシスタントに小貫の4人で集合写真と全試合全選手の写真を撮影してきました。
流石に硬式とは違い応援や観客は少ないのですが熱戦が繰り広げられました。
宮城県代表の仙台商業は全国的にも高いレベルのチームと聞いていました。
近くに行って見るとなんとなく見覚えのある顔が・・・・。
声をかけてみるとやはり中学校で撮影していた選手たちでした。
しっかり覚えていてくれたようです。
1019-1.jpg初日の一回戦は、僕があづま球場を担当
青森県代表・八戸北高対福島県代表・浪江島津
宮城県代表・仙台商業対秋田商業の試合を撮影しました。
結果は、八戸北と秋田商業が明日の準決勝に進出です。
仙台商業と秋田商業の試合は、息詰まる投手戦でした。仙台商業にとっては本当に残念な敗戦でしたが来年に向けて是非頑張ってください。
1019-2.jpg 石川・熊田が信夫ヶ丘球場を担当。
こちらも盛り上がっていたようです。

一眼レフの経験があり、野球が大好きという小貫をアシスタントに連れて行きました。
製作部門で頑張ってくれている経験を生かしてどんな写真が撮れたか楽しみな反面、見るのが怖い(苦笑)
でもがんばってくれました。お疲れ様!
1019-4.jpg 1019-5.jpg
頑張り屋の彼女の事です。きっと一人前になってくれるでしょう!期待してますっ。

高校野球 東北大会決勝戦

2007年10月15日 月曜日 この記事をTwitterでつぶやく

いよいよ第60回秋季東北地区高校野球大会決勝戦です。
東北 対 聖光学院の僕の予想したカードです。
楽しみにしていた対戦がいよいよ始まります。
この試合が11月に開催される全国大会(神宮大会)につながります。
両チームの表情は異なりました。
リラックスムードの聖光学院。
緊張感のある東北高校ベンチ。
試合前のこのムードが試合結果に影響するものでは無いでしょう。
チームカラーですね。
聖光学院の場合は、選手一人一人が状況に応じたチームムードを作る事が出来ます。
緊張の決勝戦を前に、聖光学院らしい良いムードを感じました。
一方、東北高校は昨年までの経緯や、選手一人一人のこの大会に対する思い伝わってきました。
1015-2.jpg 試合結果は、18安打の11得点を取った東北高校が4年ぶり16度目の優勝でした。
見事な勝利でした。

試合終了後の聖光ベンチは、選手が泣き崩れています。
エースの仲田君の泣いている様子が印象的でした。
きっとこの敗戦が、さらに強い聖光を作る事になると確信しています。

東北高校の選手のみなさん!是非、全国制覇頑張ってください!

選手の一途に、真剣に頑張る姿に努力を重ねる大切さを学びました。
私たちも、もっともっと力をつけていきたいと思います。

うちの選手達も頑張っています!
1015-3.jpg
東北高校!おめでとうございました。

高校野球 東北大会準決勝

2007年10月14日 日曜日 この記事をTwitterでつぶやく

東北大会の準決勝に行ってきました。
盛岡大附属(岩手)対 東北(宮城)
一関学院(岩手)対 聖光学院(福島)です。
東北大会は、この準決勝が一番の盛り上がりです。スタンドも超満員でした。
この準決勝に勝ち、決勝に進んだチームが来年春の選抜大会出場の可能性が高くなります。
東北高校と、聖光学院が勝利。明日決勝戦です。
両チームにおめでとう!と言いたいところなのですが、選抜大会です。来年2月までどうなるかは分かりません。
いずれにしても、明日の試合内容が重要になります。
岩手、青森、秋田の情報が無かったのですが、東北と聖光は県大会から新チームを撮影していました。
両チームの決勝進出は僕の予想的中です!(^^ゞ

第2試合の聖光と一関学院はまさに投手戦でした。
一関学院の1年生投手阿部君の前回の好投は新聞で読んでいました。うわさ通りの好投手でした。
一方、聖光学院も1年生横山君が先発。
1年生同士の投げ合い。本当にナイスピッチングでした。
唯一の得点はワイルドピッチ。命運を分けました。
打ち勝ったと言う試合では無かったのですが、こんな試合に勝つのは本当に心の強いチームですね。
齋藤監督の采配が見事でした。
試合に負けた一関学院が一足先にバスで帰りました。
バスの窓を開けて選手達が、
「聖光頑張れ!」と大きな声で手を振っていました。
熱戦の後の感動です。
一関学院のナインに、心からエールを送ります。

明日の東北vs聖光学院は、来年の選抜に向けた好ゲームが絶対条件。
そして神宮大会出場がかかります。

特に聖光学院は、昨年の決勝戦での悔しい思いが込められています。
悲願の神宮出場をかけた戦いです。

ファンもワクワクして眠れない。選手はちゃんと寝れるのかな?
必見の、岩手県営野球場です。

そっか、
もし聖光学院が大勝ちした場合、一関学院の選抜出場の可能性があると言う事か。。。。
その逆も。。。。

秋田わか杉国体

2007年10月6日 土曜日 この記事をTwitterでつぶやく

今日は、秋田県で開催されている「秋田わか杉国体」高校硬式野球の撮影で八橋球場です。
秋田県全体が国体ムードというか、盛り上がっていました。
国体は、甲子園とは違う独特の雰囲気がありますね。

多くのボランティアの方々が頑張っている様子を見て懐かしく感じました。
実は、スポフォトの根源と言うのは国体にあるんです。
と言うのは、ブラスヴォイスは、2001年に開催された宮城国体・第1回全国障害者スポーツ大会にボランティアとして参加しました。
内容は、各競技の速報サイトの運営です。
各会場にカメラマンとアシスタントを派遣し、会場で撮影した写真と試合結果をその会場から直にホームページにUPして公開すると言う内容でした。
当時も、手話に関わるボランティアスタッフと障害者カメラマン達が頑張ってくれました。
主催者側から、くれぐれも障害者の撮影なので個人のアップの画像はNGであることや、障害が分かりやすいような写真は公開しないようにとの制約が有り、広角レンズを用いて会場の雰囲気を伝えるという内容で行いました。
しかしながら、卓球会場のカメラマンが、卓球競技に出場していた障害者選手のアップの画像(所謂バストアップ)を撮影してしまいそのままWEBに公開してしまいました。
大会終了後1週間ぐらいしてからでしょうか、関西の新聞社から電話が有りその写真を譲って欲しいとの事でした。
初めは、苦情ではと慌てたのですが、お話を聞いてみるとその選手が大会直後にお亡くなりになったとの事。故人がその写真を凄く気に入ってくれたとの事でした。
当時は、このスポフォトプロジェクトを想像もしていなかったのですが、きっとこれが私たちの役割なのでしょうね。
感動の瞬間を撮影し記録を残すこの仕事を大切にしていきたいと思っています。

今日の試合は、聖光学院と新潟明訓の試合です。
1006-2.jpg 今年の夏の甲子園で大活躍した両チーム。試合の方も手に汗握る好ゲームでした。
国体での高校野球は9回を終えて同点の場合は、延長がなく抽選になるそうです。
9回まで同点、先攻の新潟明訓が無得点で9回裏の聖光学院の最後の攻撃。
緊張しました。でも聖光学院の大応援と選手のムードが良かった。
島津君の見事なサヨナラタイムリーでした。

ほんと感動しました。
明日は、あの常葉菊川戦です。
ドラフト1位指名の田中投手は投げてくれるでしょうか?
聖光はこの試合に勝って、広陵高校にリベンジしなければなりません。
そして全国制覇!が目標です。

夜は、秋田市の行きつけの中華料理店で食事をし、旅館でゆっくりと休ませてもらいました。
とにかく忙しい一週間だったので、良い休養が出来ました。
明日から!また頑張るぞ!