全て

福島県へ孫社長のiPhoneを届けました。いよいよ福島!

2011年5月7日  この記事をTwitterでつぶやく

孫社長のTwitter「やりましょう!」で実現した、「耳の不自由な方のコミュニケーション支援活動」
福島県は、佐藤知事から孫社長にご依頼頂きました。


ちょっと時間が掛かってしまいましたが、端末も無事届きました。
全ての端末を、耳の不自由な方が直ぐに使える設定をして納品の準備が完了しました。


テレビ電話や、文字通訳等の遠隔支援端末として、
また、Twitterやホームページで情報配信が出来る用に設定しました。

この日は、福島県聴覚障害者協会に端末利用の説明と、支援活動の趣旨説明。今後の配布スケジュールの打合せをしました。
また、僕のiPad2を持ち込んで、auのmobileルータを使ってFaceTimeで、プラスヴォイスと接続して今しました。
スムーズなコミュニケーションに、加藤さん、佐野さん、千葉さんもびっくりしていました。


同行頂いた、ライターの渡辺敦子さん
「社会が変わる瞬間に立ち会えた」なんて言ってくれました。


福島は、宮城県や、岩手県とは異なる被害。
支援活動の性質も違います。
福島県や、聴障者協会の皆さんと協力しながら、頑張っていきたいと思います。

いよいよ!福島!頑張ります!

コメント / トラックバック1件

  1. 石井靖乃 より:

    お疲れ様です。 いよいよですね。 今日から出張ですが、12日に帰国したら、さっそく内部で遠隔情報保障などの企画提案を始めたいと思います。