高校野球 東北大会準決勝

東北大会の準決勝に行ってきました。
盛岡大附属(岩手)対 東北(宮城)
一関学院(岩手)対 聖光学院(福島)です。
東北大会は、この準決勝が一番の盛り上がりです。スタンドも超満員でした。
この準決勝に勝ち、決勝に進んだチームが来年春の選抜大会出場の可能性が高くなります。
東北高校と、聖光学院が勝利。明日決勝戦です。
両チームにおめでとう!と言いたいところなのですが、選抜大会です。来年2月までどうなるかは分かりません。
いずれにしても、明日の試合内容が重要になります。
岩手、青森、秋田の情報が無かったのですが、東北と聖光は県大会から新チームを撮影していました。
両チームの決勝進出は僕の予想的中です!(^^ゞ

第2試合の聖光と一関学院はまさに投手戦でした。
一関学院の1年生投手阿部君の前回の好投は新聞で読んでいました。うわさ通りの好投手でした。
一方、聖光学院も1年生横山君が先発。
1年生同士の投げ合い。本当にナイスピッチングでした。
唯一の得点はワイルドピッチ。命運を分けました。
打ち勝ったと言う試合では無かったのですが、こんな試合に勝つのは本当に心の強いチームですね。
齋藤監督の采配が見事でした。
試合に負けた一関学院が一足先にバスで帰りました。
バスの窓を開けて選手達が、
「聖光頑張れ!」と大きな声で手を振っていました。
熱戦の後の感動です。
一関学院のナインに、心からエールを送ります。

明日の東北vs聖光学院は、来年の選抜に向けた好ゲームが絶対条件。
そして神宮大会出場がかかります。

特に聖光学院は、昨年の決勝戦での悔しい思いが込められています。
悲願の神宮出場をかけた戦いです。

ファンもワクワクして眠れない。選手はちゃんと寝れるのかな?
必見の、岩手県営野球場です。

そっか、
もし聖光学院が大勝ちした場合、一関学院の選抜出場の可能性があると言う事か。。。。
その逆も。。。。

タイトルとURLをコピーしました