(報告)町田市ろうなん協会 講演会

未分類

町田市ろうなん協会(東京都町田市)様からの依頼で、
6月22日(土)に弊社代表の三浦が「能登半島地震を通して考える災害時の情報保障や支援について」というテーマで講演させていただきました。1月の能登半島地震での弊社の支援活動を踏まえ、遠隔手話通訳の重要性などについてお話ししました。

手話通訳は弊社の通訳オペレータが担当いたしました。

参加者の皆様は三浦が見せる被災地の写真や動画に興味津々のご様子で、
頷きながら話を聞いてくださいました。

後半は「遠隔手話通訳を体験してみよう」と題し、弊社デフスタッフより「えんかく+」の説明などをさせていただき、参加者の皆様に遠隔手話通訳のデモ体験を行なっていただきました。
実際に端末から簡単に通訳者を呼び出せるシステムの利便性をご理解いただけたのではないかと思っています。

関係者の皆様、このような機会をいただきありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました