全て

Twitter活用「あなたなら通じる」「あなたの友達なら通じるかも」

2011年3月19日  この記事をTwitterでつぶやく

仙台市内でもまだまだ電気・ガス・水の復旧状況が異なります。

ガソリンも無く、まだまだ先が見えない生活をしています。

さらに被害の大きい避難場所や、自宅で避難している人たちは、今日も寒さに震えています。

耳の不自由な方々は、情報を求めているはず!

是非協力下さい。

プラスヴォイスが考える情報提供方法です。ご賛同頂ける方はよろしくお願いします。

コメント / トラックバック7件

  1. Deaf-SAMURAI より:

    フォローしています。
    被災地のろう者や盲ろう者に情報が届けるようにと応援します!

  2. 佐藤伸也・美穂 より:

    仙台で被災しましたが、私たちは元気です。子供たちも元気です。

  3. plusvoice より:

    佐藤伸也・美穂様
    情報のご提供ありがとうございます。
    お二人、お子様 ご無事でなによりです。
    お困りのこと等ございましたら、情報を提供頂ければ幸いです。
    おからだご自愛下さいませ。
    プラスヴォイス 中村

  4. 高岡 正 より:

    今晩は。被災者がメールできなくても、ツイッターのアカウントを持っていなくても、知人、関係者を通じて情報が伝わるということでしょうか。内部でこの仕組みの説明をしますので、教えてください。

  5. plusvoice より:

    高岡様
    コメントありがとうございます。

    知らない人からのメールや、一斉送信は受信できない設定にしている人が多くMLがスムーズに機能しないのが現状です。

    Twitterから情報を得た方が、被災地の友達・知人に送るメールは届きます。
    メッセージを、Twitterのフォロワーに託すイメージです。

  6. マツノキ より:

    三浦さんのツイッターやフェイスブックのアカウント、そしてこのブログを、私のフォロワーに何度も周知しています。
    PVスタッフの皆さんのツイートは、極力、リツイートもさせて頂いています!

  7. plusvoice より:

    マツノキ様
    日頃大変お世話になっております。
    心強いお言葉誠にありがとうございます。
    一人でも多くの聴覚障害者の方に情報が発信できるようご協力頂ければ幸いです。
    今後ともよろしくお願い致します。
    プラスヴォイス中村