全て

softbank社様からiphone貸出のご支援をいただきました

2011年3月21日  この記事をTwitterでつぶやく

情報収集端末、連絡手段としてsoftbank社からiphone50台、ipad10台がみやぎ難聴協災害対策宮城本部へ貸出提供されました。



プラウヴォイスでは、この貸出対応にあたらせていただく事になりました。
 
耳の不自由な方にとって、メールアドレスの設定だけではなく、耳の不自由な方にとって便利なアプリ(テレビ電話、筆談、ライトなど)を貸し出す前に全ての機器に設定を行いました。
 
スタッフも相当な時間、端末の設定に力を注いでくれました。



これで、被災地の耳の不自由な方が少しでも情報のバリアが解消されるように、また、関係者の連絡が円滑に行えるように。
 
既に複数台は被災地へお配りしています。



これからも少しでも早く、被災地の耳の不自由な方にお届けできるよう頑張ります!

コメントは受け付けていません。