耳より情報

情報保障関連

宅急便受取の代理電話サービス無料提供について

東日本大震災の発生から1週間が経ち、運送会社の営業が徐々に再開されてきました。 ただ、燃料の確保が不安定なため送られた荷物は営業所止めになっています。営業所止めになっている荷物は、本人確認書類があれば営業所にて引き取ることが可能なよう...
情報保障関連

softbank社様からiphone貸出のご支援をいただきました

情報収集端末、連絡手段としてsoftbank社からiphone50台、ipad10台がみやぎ難聴協災害対策宮城本部へ貸出提供されました。 プラウヴォイスでは、この貸出対応にあたらせていただく事になりました。   耳の不...
▶ICT事業部

私たちに出来ること 携帯キャリア関係者様へ

2002年より、耳の不自由な方向けの遠隔通訳サービスを提供しております株式会社プラスヴォイス代表三浦宏之です。 地震・津波・原発事故と三大災害が重なり、また被害の範囲も広く被災地では隣県支援が期待できない状況です。 安否が確認さ...
情報保障関連

補聴器の電池について情報 ワイデックス仙台店

ワイデックス仙台店 (仙台市青葉区大町1-4-1 明治安田生命仙台ビル1F)で補聴器電池の販売が再開したという情報がプラスヴォイススタッフ河田から入りました。 プラスヴォイスの近くに店舗があるので、早速お伺いして補聴器の...
▶ICT事業部

Twitter活用「あなたなら通じる」「あなたの友達なら通じるかも」

仙台市内でもまだまだ電気・ガス・水の復旧状況が異なります。 ガソリンも無く、まだまだ先が見えない生活をしています。 さらに被害の大きい避難場所や、自宅で避難している人たちは、今日も寒さに震えています。 耳の不自由な方々は、...
▶ICT事業部

地震体験談 島貫千紘(ろう者)

弊社スタッフの島貫千紘の地震体験談です。 現在は、連日出勤して、仙台市内のオフィスで安否確認・支援活動の情報収集業務を行っています。 =================== 東日本大地震に被災した皆様へ、まずは心よりお...
安否確認情報

プラスヴォイスの情報収集の考え方

被災地では、聴覚障害者に関わる方々が必死で頑張っています。 例えば宮城県ろうあ協会にも、役員の方々、通訳者の方々、ボランティアの方々が集まり懸命に活動をしています。 おそらく、他県の被災地でもそれぞれが必死で活動をしている事...
▶ICT事業部

新潟中越地震の経験を生かして 河田

弊社の聴覚障害者スタッフ、河田典子は新潟県の中越地震の経験者です。 今は、安否情報の収集と集約業務で頑張ってくれています。 是非、読んで下さい。 ======================== 東北・関東大地震に被災し...
▶ICT事業部

ろう者スタッフも頑張っています

避難生活の今後に不安を感じながら、弊社の聴覚障害者スタッフは頑張っています。 地震・津波・原子力事故という3大災害が重なり、隣県支援に期待できない状況の中で、全国の聴覚障害者、聴覚障害者に関わる方々の沢山の応援のメッセージを頂いていま...
▶ICT事業部

宮城県以外の聴覚障害者の安否情報について

災害安否確認アドレスに、沢山の情報をお寄せ頂きありがとうございます。 地震。津波、放射能汚染と災害が重なり、さらに広範囲での被害で隣県支援が難しい状況です。 被災地、避難場所の不安も大きくなり始めています。 皆様の励ましの声が...
▶ICT事業部

被災地の聴障者の安否情報をお寄せ下さい

被災地の聴覚障害者の安否情報をお寄せ下さい。 被災地では、電話が繋がりにくく、メールの遅延も発生しています。 被災地の聴覚障害者・関係者の、ご家族、ご友人、知人の安否情報をお持ちの方は、 saigai@plusvoic...
▶ICT事業部

スタッフ無事でした

弊社の就労支援プロジェクト「スポフォト」で、仕事をしてくれているろう者スタッフの河田さん。 地震の時には、新潟の実家に帰省中でした。 会社の状況や、仙台の友人の支援の為にバスで仙台に戻ってきてくれました。 沢山の差し入れを持っ...
▶ICT事業部

仙台市災害対策本部へ依頼

昨日(2011/03/14)、仙台市災害対策本部に対して、聴覚障害者の安否確認、なびに避難状況の確認の依頼をしてきました。 残念ながら、災害対策本部に直接お願いすることは出来ませんでしたが、健康福祉局を通じて現時点での聴覚障害...
安否確認情報

耳の不自由な方の安否を代行確認を致します(宮城県内)

宮城県ろうあ協会および関係団体、全国のみなさまからお寄せ頂いた情報を元に、宮城県内の聴覚障害者・聴覚障害関係者の安否が確認された方々のお名前を掲載しております。(敬称略・順不同)
支援依頼

避難場所での深刻な問題

避難場所でのアナウンスが聞こえないために、食料・水の配給が受けられない。 と言う問題が数多く寄せられています。 隣に耳の不自由な方がいても、気づかれないと言うケースが多く避難場所での深刻な問題です。 この様な、認識を多...
トップページ掲載

情報配信のご理解をお願いします。

宮城県ろうあ協会と、弊社プラスヴォイスはインターネット環境は整い、現在、テレビ電話(NTTフレッツフォン)で繋がっており、情報共有が出来るようになりました。 沿岸の被災状況が深刻です。携帯電話も繋がらない状況で、メールなどの連絡も取りにくい状況にあります。 聴覚障害者に関わる安否情報の集約が進んでおりません。
トップページ掲載

災害用情報ブログを立ち上げました。

プラスヴォイスでは、宮城県内の聴覚障害者関連団体と連携し、耳の不自由な方々の安否情報、避難場所での情報、支援を求める情報を配信する情報環境を準備しています。
タイトルとURLをコピーしました